科学は時に壮大なロマンチスト 立山科学グループEnglish

立山科学グループ > グループ情報 > 事業内容 > 事業分野

事業分野

立山科学グループは、国内10社、海外4社の企業が分社独立し、電子部品、電子機器、産業用自動生産設備、金属部品加工、ソフトウェア開発・サービス、新エネルギーなどさまざまな分野の設計・開発・製造・販売に科学技術を発揮しています。
科学の力を駆使して、新しいソリューションを自らの手で作り上げ、提供する。それが、私たち立山科学グループの事業です。

計測機器

おもに立山科学モジュールテクノロジーが微細な温度変化も検知する高精度な温度計測器・試験装置を開発販売しています。
産業機器のみならず、化学、食品産業分野など新たに採用されています。

温度センサー

おもに立山科学センサーテクノロジーがガスコンロ・給油・ファンヒーター等、多岐にわたる分社の高精度温度センサー製造し、提供しています。

抵抗器

おもに立山科学デバイステクノロジーが角チップ抵抗器、チップサーミスタの製造・販売を行っています。
宇宙部品や自動車部品など幅広く採用されています。

FAソリューション

立山マシンがFAシステム・機器を設計、開発、製造、販売を行っています。
スタンドアロンのFA機器から複雑なライン構築まで、工場支援ソリューションを提供しています。

精密機器

立山科学モジュールテクノロジーがLSIや複数の電子部品を基板などの上に積み上げ、コンパクトにパッケージ化したものをOEM供給してきました。特に通信機器、産業機械の機能回路とモジュールで実績があります。

無線機器

おもに立山科学ワイヤレステクノロジーがRFID機器、無線ユニットをはじめとする無線機器の開発・販売、無線ソリューションの提供まで幅広く事業展開しています。防犯や入退出管理・位置情報システムなど社会のさまざまなシーンで活躍しています。

エネルギーソリューション

再生可能エネルギーや蓄電池を利用した低炭素・エネルギーソリューションを企画、開発、提供します。

システムソリューション

立山システム研究所が情報通信技術をコアにソリューションを提供しています。企業および工場向けの基幹システム、セキュリティ文書管理システム、画像認識技術による車番認識システム、センサーを使ったみまもりシステムおよびサービスを開発・提供しています。

精密加工部品

タアフが、マシニングセンターや切断マシンを用いた精密部品加工をしています。
アルミ、チタンを素材に、ロボットや半導体製造装置、FA機器のアームなど業界大手各社に供給しています。

研究開発

グループ各社の研究開発拠点である技術本部を拠点に中長期的な観点から基礎技術の拡充に取り組んでいます。
ナノ技術、MEMS、新センサー、プラズマ技術、バイオ、新エネルギーなど広い範囲のテーマに挑戦しています。

海外事業場

1988年マレーシア法人設立を皮切りに1997年にハンガリー、2002年にタイ、香港と可能性ある市場を求めてグローバル化を推進しています。

その他

立山総合開発による不動産管理/各種保険代理店、立山科学工業によるボウリング場の運営など。

ページの先頭へ