電子文書管理システムSFS:大手金融機関6社、大手法律事務所3社が導入。その理由がここにある。使いやすさ・大量文書・長期保管対応・充実した導入サービス
電子文書管理システム:動作環境
文書管理>動作環境

システム構成例

システム構成例




動作環境

SFSサーバ
CPU:

メモリ:

OS:





その他:
インテル XeonE3-1231 v3 (4core) 3.40GHz 以上

16GB以上

Microsoft Windows Server 2008
Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2012 R2
※他のOSをご利用されたい場合、ご相談ください。

IBM DB2/WebSphere/PureApplication System/
Microsoft Active Directory (SFSのユーザ情報をADと連携させたい場合のみ)
PDFサーバ ※1 CPU:

メモリ:

OS:



その他:
PentiumW 2GHz相当以上

2GB以上

Microsoft Windows Server 2008 R2
Windows7 (32bit、64bit)
Microsoft Windows Server 2012 R2

HG/PscanServ Plus (PDF変換ツール)
Microsoft Office (Office文書のPDF変換時)
※その他PDF変換に必要なアプリケーションソフト
クライアント CPU:

メモリ:

OS:

 

その他:





解像度:

インテル Celeronプロセッサー 1.8GHz 以上

2GB以上

Microsoft Windows 7 Professional SP1 (32bit/64bit)
Microsoft Windows 10 Pro (32bit/64bit)

Microsoft .NET Framework:3.5
Microsoft Internet Explorer 7.0以上
(オプション「Webクライアント」機能を搭載する場合は、Microsoft Internet Explorer 11をご利用ください)
※他のバージョンをご利用されたい場合は、ご相談ください。

1024×768以上
※1:PDFサーバは、オプションライセンス「PDFパック」「CADパック」「OCR連携(表紙対応)」のいずれか1つ以上を選択された場合に、SFSサーバとは別に設置することを推奨します

ページの先頭へ
 
※IBM、DB2、WebSphere Application Serverは、IBM Corporationの米国およびその他の国における商標です。
その他の製品名および会社名は、それぞれ各社の商標 または登録商標です。