科学は時に壮大なロマンチスト 立山科学グループEnglish

立山科学グループ > 採用情報 > グローバル採用情報 > 募集内容/採用フロー

グローバル採用情報 募集内容


募集職種一覧

立山オートマシンマレーシア(株)

◆新卒採用 採用職種
対象学科
◆機械設計
機械工学
◆制御設計 電気・電子工学
◆キャリア採用 ◆機械設計(一般・マネージャー)
◆制御設計(一般・マネージャー)
◆製造スーパーバイザー(機械又は制御)
◆技術営業


ページの先頭へ




職種内容

◆機械設計 ◆仕事内容

主に組立・検査・梱包用設備の設計を行っていただきます。自動車・医療・事務用機器業界の設備を多く手掛けております。

仕様と基本構造(レイアウト・機構)をもとに、機械の構想と具体化を行っていただきます。 機構や使用機器(モーター・センサーなど)を決め、お客様との打ち合わせに基づいて具体的な設計を行います。また製造や客先での不具合対応も行っていただきます。

◆制御設計 ◆仕事内容

主に組立・検査・梱包用設備の設計を行っていただきます。自動車・医療・事務機器業界の設備を多く手掛けております

制御設計はハード設計とソフト設計両方を経験していただきます。

ハード設計:機械設計がお客様より承認を受けた具体設計の図面と仕様を基に、ハード図の設計を行っていただきます。
仕様機器の電気量の計算や電気の流れを具現化します。

ソフト設計:ハード設計が設計した図面と仕様を基にラダー図の設計を行っていただきます。(PLC:三菱、オムロン、キーエンスなどのラダー設計)

どちらの設計も安全に考慮し設計します。また、製造や客先での不具合対応も行っていただきます。

◆技術営業 ◆仕事内容

OEM、ODM事業:自動生産設備の開発・製造を行う事業での営業として、お客様(メーカー)の工場内で稼働する自動生産設備の構想と見積もりが業務となります。
組立・検査・梱包用設備を得意としており、主に自動車・医療・事務用機器業界の設備を多く手掛けております。

自社設備:自社設備として医療用設備・機器を開発からカスタマイズまで行っております。説明や折衝では要素技術を含む、カスタマイズの可否などもお話(判断)いただきます。  
 


ページの先頭へ




新卒・キャリア 募集要項

◆新卒採用 ◇外国人留学生
マレーシア人留学生であること

◇対象
大学院、大学、高専、短大、専門

◆キャリア採用 ◇実務経験

勤務条件 ◆勤務地
マレーシア セランゴール州・シャーラム
Lot2,Jalan Pelabur 23/1 Seksyen 23,40300 Shah Alam,Selangor Darul Ehsan,Malaysia

◆勤務時間
月~金 8:00~17:30

◆休日・休暇
土日曜日、祝祭日、慶弔、有給休暇(最高24日)、各種休暇

◆福利厚生
医療外来受診保証、歯科受診保証、各種社会保険、退職金

◆給与
新卒採用:RM 3,000
キャリア採用:RM 5,000 ~ 12,000(経験による)

◆諸手当
通勤(定額)、家族、住宅(定額)、役職、所定外労働、技能資格

◆昇給・賞与
昇給:年1回(4月)
賞与:年1回(12月)

◆雇用形態
正社員

※マレーシアへの移動は実費となります。

ページの先頭へ




グローバル採用情報 採用フロー


採用方法等

◆新卒採用 ◇応募方法
自由応募、推薦(併用可)

◇選考方法
筆記試験、面接

◇応募書類
・履歴書(日本語、英語)
・成績証明書
・卒業見込証明書
・健康診断書
個人情報に関する同意書[新卒採用(PDF)]


◇選考日程
筆記試験、面接
下記連絡先(メール)までご連絡ください。
Email : jinji@tateyama.or.jp


◆キャリア採用 ◇応募方法
必要書類をご送付ください。

◇選考方法
書類選考、筆記試験、面接(回数は地域、職種により異なります)

◇応募書類
・履歴書
・職務経歴書
個人情報に関する同意書[キャリア採用(PDF)]
職安等の紹介状をお持ちの方はご添付ください。

◇選考日程
随時

◆選考場所 ◇立山科学グループ 本部
〒930-1305 富山県富山市下番30番地

◇東京支社
〒101-0044 東京都千代田区鍛治町1-8-3 神田91ビル6F

ページの先頭へ





【採用に関するお問い合わせ先】

ご質問や各種書類の送付先はこちらです。気兼ねなくご連絡下さい。
立山科学グループ本部 総務部 人事グループ
[ 担当 ] 正橋(マサハシ)、森井泉(モリイズミ)、古本(フルモト)、倉光(クラミツ)、畑(ハタ)、北川(キタガワ)、佐伯(サエキ)
〒930-1305 富山県富山市下番30番地 E-mail / jinji@tateyama.or.jp


ページの先頭へ