科学は時に壮大なロマンチスト 立山科学グループEnglish

立山科学グループ > 環境活動 > 環境方針

立山科学グループ環境方針

基 本 理 念

立山科学グループは、地球環境の保護が経営の最優先課題のひとつであることを自覚し、環境との「共存共栄」と「社会生活の発展に貢献」を経営使命となし、環境の維持向上に万全の配慮と努力をする。

行 動 指 針

立山科学グループは、事業活動、製品及びサービスが地球環境に著しく影響を及ぼす事を認識し、汚染に関する予防と環境パフォーマンスを向上させるために環境マネジメントシステムの継続的改善により、地球環境の保護と持続可能な社会の実現に貢献する。
  1. 立山科学グループが行う全事業活動 ・ 製品及びサービスの環境影響と組織の目的との整合性を的確に捉えて評価し、環境目標を定め、環境改善実施事項と環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  2. 立山科学グループは、適用する環境関連の法令及び利害関係者との協定を順守する。
  3. 立山科学グループは、事業活動の中で以下の項目に取り組み、基本理念の実現に努める。
  4. (1) 環境配慮型製品の提供による環境負荷の低減
    (2) 資源の有効活用による循環型社会の実現への貢献
    (3) 化学物質の適正な管理による環境汚染の予防
    (4) 省エネルギー対策等の温室効果ガス削減活動による地球温暖化の防止
    (5) 生物多様性の保護を目的とした保全活動の推進
    (6) 地域の『環境保護活動』への積極的な参画
2017年4月6日
立山科学グループ
社長会議長

ページの先頭へ