科学は時に壮大なロマンチスト 立山科学グループEnglish

立山科学グループ > グループ情報 > 沿革

沿革

1958年(昭和33年) 5月富山市大泉1489にて創業
炭素皮膜抵抗器の生産開始
9月松下電器産業(株)と取引開始
1964年(昭和39年) 2月抵抗器自動化生産設備導入
1970年(昭和45年) 4月立山マシン(株)設立
1976年(昭和51年) 7月テレビ用映像伝送機器の生産開始(立山科学工業)
1980年(昭和55年) 9月南工場完成
1982年(昭和57年) 3月厚膜角型チップ抵抗器の生産開始(立山科学工業)
1983年(昭和58年) 4月実装機の受注生産開始(立山マシン)
1984年(昭和59年) 3月衛星放送用関連機器の生産開始(立山科学工業)
1987年(昭和62年) 5月(株)タアフ設立、アイテイエム(株)設立
1988年(昭和63年) 5月厚膜ネットワーク抵抗器の生産開始(立山科学工業)
12月立山オートマシン マレーシア(株)設立
1989年(平成元年) 10月(株)立山システム研究所設立
1991年(平成3年) 3月立山総合開発(株)設立
11月立山マシン新工場完成、本部新棟完成
1994年(平成6年) 4月立山科学エレクトロニクスマレーシア(株)設立
1995年(平成7年) 7月PDSS無線機の生産開始
1996年(平成8年) 6月Tateyama R&D Europe Ltd.設立
1997年(平成9年) 7月ハンガリー立山研究所設立
10月立山科学工業ISO9001認証取得
1998年(平成10年) 3月360度パルレンズ応用機器開発(立山R&D)
5月立山マシンISO9001認証
12月東京マーケティングセンター開設
1999年(平成11年) 4月立山科学工業を社内分社化
10月ISO14001認証取得
2000年(平成12年) 4月サーミスタプローブの生産開始(立山科学工業)
6月生活状況確認システム発売(立山科学工業)
2001年(平成13年) 4月立山マシングループを社内分社化
マレーシアでソフト開発開始(立山システム研究所)
国際購買事業開始(立山マシン)
名古屋営業所開設(立山科学工業)
10月大阪営業所開設(立山科学工業)
2002年(平成14年) 4月中国・香港支店開設
5月家電リサイクルシステム開発(立山マシン)
9月3軸加速度センサー開発(立山科学工業)
12月立山タイランド(株)設立(バンコク)
三次元形状検査装置開発(立山マシン)
2004年(平成16年) 1月クリーンルーム増設(立山マシン)
2月ガラス破壊センサ開発(立山科学工業)
4月つくばラボ開設
車両番号認識システム開発(立山マシン)
2005年(平成17年) 4月ユニット製造事業を立山システム研究所から立山科学工業へ移管
緊急通報事業を立山科学工業から立山システム研究所へ移管
PALレンズ開発を立山マシンから立山システム研究所へ移管
2006年(平成18年) 11月プライバシーマーク制度認証(立山システム研究所)
2007年(平成19年) 9月衛星用チップ抵抗器としてJAXA認定
2008年(平成20年) 5月創業50周年(立山科学工業)
9月位置検知システム開発(立山科学工業)
2009年(平成21年) 10月シチズン様よりサティフゲート事業譲渡(立山科学工業)
2010年(平成22年) 8月株式会社タカラサーミスタ様より温度計測事業譲渡(立山科学工業)
2011年(平成23年) 4月立山科学工業株式会社 4事業会社法人化
2012年(平成24年) 8月920MHz無線ユニット販売開始(ワイヤレステクノロジー)
2013年(平成25年) 3月「サブミニチュア限流ヒューズ」でJAXA優秀部品開発賞受賞(立山科学デバイステクノロジー)

ページの先頭へ