立山科学グループ

検索を開く
検索を閉じる
メニューを開く

CSR・環境

HOME>CSR・環境

社会・環境報告書

立山科学グループは、より多くの皆様に環境保全や社会的な活動に関する取り組みをご理解いただくことを目的に、社会・環境報告書を発行しています。

社会・環境報告書2020:(PDF:13.7MB)

バックナンバー

立山科学グループ環境方針

基本理念

立山科学グループは、地球環境の保護が経営の最優先課題のひとつであることを自覚し、環境との「共存共栄」と「社会生活の発展に貢献」を経営使命となし、環境の維持向上に万全の配慮と努力をする。

行動指針

立山科学グループは、事業活動、製品およびサービスが地球環境に著しく影響を及ぼす事を認識し、汚染に関する予防と環境パフォーマンスを向上させるために環境マネジメントシステムの継続的改善により、地球環境の保護と持続可能な社会の実現に貢献する。

  1. 立山科学グループが行う全事業活動・製品およびサービスの環境影響と組織の目的との整合性を的確に捉えて評価し、環境目標を定め、環境改善実施事項と環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  2. 立山科学グループは、適用する環境関連の法令および利害関係者との協定を順守する。
  3. 立山科学グループは、事業活動の中で以下の項目に取り組み、基本理念の実現に努める。
    • (1)環境配慮型製品の提供による環境負荷の低減
    • (2)資源の有効活用による循環型社会の実現への貢献
    • (3)化学物質の適正な管理による環境汚染の予防
    • (4)省エネルギー対策等の温室効果ガス削減活動による地球温暖化の防止
    • (5)生物多様性の保護を目的とした保全活動の推進
    • (6)地域の『環境保護活動』への積極的な参画

2017年4月6日
立山科学グループ
社長会議長

ISO14001認証取得状況

立山科学グループは、活動当初からグループ全社で統合した環境マネジメントシステム(EMS)を構築し1999年10月にグループ統合でISO14001の認証を取得しました。以降適宜、環境負荷の高い事業所を中心に対象組織を拡大し、認証を継続しています。2021年4月時点の国内拠点での登録内容は、以下の通りです。

立山科学グループ

(立山科学株式会社及び関連会社)

登録組織名 立山科学株式会社 立山科学グループ
登録(認証)番号 EC99J1098 枝番
登録事業所 立山科学株式会社 本社 1
南工場 11
上栄工場 10
立山マシン株式会社 本部 2
婦中工場 3
下番工場 4
株式会社タアフ 5
立山総合開発株式会社 6
株式会社立山科学センサーテクノロジー 7
株式会社立山科学デバイステクノロジー 8
株式会社立山科学ハイテクノロジーズ 9
適用規格 ISO14001:2015  
初回認証取得日 1999年10月27日  
有効期限 2023年10月26日  
認証範囲
  • 本社機能(経理、総務人事、法務)、電子部品・電子機器販売、新製品・技術開発
  • システム・ソフトウエア開発設計及びコールセンターサービス
  • 生産設備の設計・製造
  • マシン新商品開発設計、生産用設備設計製造
  • 金属加工部品製造
  • 福利厚生/施設不動産管理
  • サーミスタ素子製造・センサプローブ設計・製造
  • 厚膜電子部品製造
  • 基板アッセンブリー・組立、計測・計量器の製造販売、各種無線機器、応用機器の開発・製造・販売、
    RFID機器を用いたソリューションビジネス

認証書

ページの先頭へ