科学は時に壮大なロマンチスト 立山科学グループ

製品・サービス > 計測機器 > 計測機器 > 卓上型メルトインデクサ
お問い合わせ窓口

卓上型メルトインデクサ

形式 : L260シリーズ
JIS K7210,ASTM D1238,ISO1133に準拠して製作された熱可塑性樹脂のMFR(メルトフローレイト)の測定装置です。

  • 特長
  • ・小型、軽量で卓上型として使用可能です。
    ・温度調節計・温度指示計を一体化し、操作が簡単です。
    ・4種類の温度設定登録が可能です。試験温度の切り替えを簡単に行うことができます。
    ・ピストン、シリンダー、ダイなど装置中枢部は耐摩耗性、長期安定性を考慮した設計です。
    ・ピストン支持棒、取り付け調整可能なツールホルダー、ストップウォッチホルダーなど操作性に優れています。
    ・オプションに各種荷重を用意しており、全ての条件での測定が可能です。
    ・過昇温防止、漏電遮断器、転倒防止金具など安全性を特に重視しています。

  • 測定法A 手動切取り法
  • ・MFR(メルトフローレイト)が0.1~25g/10分の材料に適用されます。
    ・MFR(メルトフローレイト)を次の式で計算します。
    MFR=600 xm/t
    m:切取り試料の重量の平均値(g)
    t:切取り時間(s)
    600:10分間の秒数

  • 測定法B タイマーによるピストン下降速度測定法  *自動演算器(オプション)が必要です。
  • ・MFR(メルトフローレイト)が 0.5~300g /10 分の材料に適用されます。
        
    • JIS法: ピストン移動が 4mm,25mmに応じてタイマーを動作させ、0.1秒まで読みとります。
    •   
    • ASTM法: ピストン移動が 6.35mm (0.25")、またはピストン移動が25.4mm(1")に応じてタイマーを動作させ0.1秒まで読みとります。
    MFR=426 x L x d/t
    L: ピストンの移動距離(cm)
    d: 試験温度における樹脂の密度(g/cm3
    t:ピストンLの動きに要する時間(s)
    426: ピストン・シリンダの面積(c㎡)の平均値 x 600(10分間の秒数)

    • 仕様
    • 準拠規格JIS K7210,ASTM D1238,ISO1133
      試験温度標準仕様:80℃~320℃
      高温仕様:80℃~400℃
      ※300℃以上の測定については、ご相談下さい。
      温度指示分解能0.1℃
      温度指示精度±0.3℃
      主要部品寸法ダイ内径 2.095±0.002mm
      公差ダイ長さ 8.000±0.0127mm
      シリンダ内径 9.550±0.007mm
      ピストンヘッド外径 9.478±0.002mm
      安全対策温度過昇防止器、漏電遮断器、転倒防止金具
      外形寸法320(W) x 580(H) x 400(D) mm
      重量 約 27kg
      電源AC100V 50/60Hz
      消費電力約 450VA
      付属品ピストン、ダイ、荷重(325g, 2160g)各1個
      その他標準付属品一式
      使用条件20±10℃、45~85%RH
      メルトインデクサ カタログ   (7.7MB)

    計測機器に関するお問い合わせ

    計測機器に関するご質問、ご相談は、株式会社 立山科学ハイテクノロジーズ 営業窓口にてメール、電話、FAXにて承っております。
    株式会社 立山科学ハイテクノロジーズ
    〒939-8132 富山県富山市月岡町3-6
    TEL / 076-429-3589 : FAX / 076-429-8369
    E-Mail : module@tateyama.or.jp