株式会社立山科学ハイテクノロジーズ

検索を開く
検索を閉じる
メニューを開く

Ptセンサ
白金測温抵抗体

HOME>ソリューション・製品>Ptセンサ 白金測温抵抗体

Ptセンサ

概略
  • 保護管タイプからモールドタイプまで、様々なPtセンサをラインナップ
特徴
  • 標準センサは、保護管構造と樹脂モールド構造の2種類
  • 用途に合わせカスタマイズを提案
用途
  • 産業機器、工作機械など、一般工業計測

細部測定用Pt センサ

概略
  • 外径2Φ×12mmのSUS保護管に白金素子を封入した構造です。
特徴
  • 先端部は微小で熱応答性にすぐれています。
  • フッ素樹脂被覆電線の使用により電線を含め最高200℃環境下で使用可能です。

SUS保護管型Ptセンサ(L=50mm, 100mm)

概略
  • 長さ50mm(または100mm)のSUS保護管の中にPtセンサを封入しました。
  • 固体・液体・気体などの測定対象物に挿入、またはコンプレッションフィッティングを用いて配管、タンク等に固定して使用します。
特徴
  • フッ素樹脂被覆電線の使用により電線を含め最高200℃環境下で使用可能です。

フッ素樹脂モールド型Ptセンサ

概略
  • 白金素子部分をフッ素樹脂でモールドした構造です。
  • 電線の被覆材と溶融することにより、防水構造となっています。
特徴
  • フッ素樹脂を使用しているため耐薬品性・耐熱性にすぐれています。
  • SPT-05型は、4線式で高精度温度計測に適しています。

フッ素樹脂モールド型Ptセンサ(L=150mm, 300mm)

概略
  • 白金素子部分のフッ素樹脂モールドとフッ素樹脂シース部を一体化した構造です。
特徴
  • シース部は防水構造となっており、耐薬品性にすぐれています。
  • フッ素樹脂シース部は適度の柔軟性を有しており、室温であれば半径70mm程度まで曲げることが出来ます。
ページの先頭へ