株式会社立山科学デバイステクノロジー

検索を開く
検索を閉じる
メニューを開く

厚膜チップサーミスタ

HOME>製品>厚膜チップサーミスタ

厚膜チップサーミスタ

TCT 厚膜チップサーミスタ

概略
  • サーミスタとは、抵抗器とは違って「熱(温度)に敏感な抵抗体」であり、温度変化により急激に抵抗値が変わる電子部品です。
  • 立山科学デバイステクノロジーは、サーミスタの種類の内、NTCサーミスタを製造しています。
  • NTCサーミスタとは、負の温度係数を示す素子を表すものです。
特徴
  • 厚膜チップサーミスタ(NTCサーミスタ)は、SMD(表面実装)タイプの角形チップサーミスタです。
  • アルミナ基板上にサーミスタ膜を形成しガラスで保護した構造であり、高い機械強度と信頼性が得られます。
  • 電極は3層構造となっており、優れたはんだ付け性とはんだ耐熱性を有しています。
  • 早い熱応答性を有しています。
  • サーミスタの抵抗値に関係なく厚さが一定であり、実装基板の薄型化に寄与できます。
  • サーミスタの原料であるMn,Co,Niを独自の調合法により、抵抗値とB定数を幅広く調整することが可能です。
  • 航空宇宙用としても採用され、長期的にも信頼性を維持できます。
  • AEC-Q200にも対応可能です。
  • 一部の品種で、UL1434対応しています。
  • 一部の品種で、使用温度範囲上限150℃対応可能です。
用途
  • 温度計や体温計などの温度検出、エアコンや冷蔵庫の温度制御など
適用分野
  • 自動車、医療、家電製品など
ページの先頭へ