科学は時に壮大なロマンチスト 立山科学グループEnglish

立山科学グループ > 環境活動 > 環境方針

環境方針

理念

立山科学グループは、地球環境の保護が事業の最優先課題のひとつであることを自覚し、環境との「共存共栄」と「社会生活の発展に貢献」を経営使命となし、環境の維持向上に万全の配慮と努力をする。

方針

当グループは、事業活動である電子部品、映像機器、無線機器、実装基板の開発・製造と産業用ロボット等を使用する自動生産システムの開発・製造に伴う製品・及びサービスが地球環境に著しく影響を及ぼす事を認識し、汚染に関する予防と環境マネジメントシステムの継続的改善により、地球環境の保護と持続可能な社会の実現に貢献する。
  1. 当グループの行う全事業活動・製品・及びサービスの環境影響を的確に捉え評価し、環境目的・目標を定め、環境改善実施事項と環境マネジメントシステムの継続改善を図る。
  2. 適用する環境関連の法律・規則及び外部利害関係者との協定を遵守し、さらに環境自主管理基準を制定し、より一層の環境改善体制を強化する。
  3. 当グループは事業活動の中で生物多様性及び天然資源の保護、地球温暖化防止と汚染防止のため、以下項目の改善に努める。
  4. (1) 製品アセスメントを実施し環境配慮製品を提供することで、環境負荷を削減する。
    (2) 業務/生産プロセスのムダを省き、省資源化と廃棄物削減を実施する。
    (3) 新規導入化学物質事前評価と製品含有化学物質管理を実施し有害物質を削減する。
    (4)省エネルギー対策と、新規導入生産設備の事前評価の実施により、当グループが消費する電力を削減し、温室効果ガス排出量を削減する。
    (5)「生物多様性宣言」に基づいて、生態系サービスの依存度、影響度を調査し、生物多様性の保護に努める。

  5. 当グループは全従業員及び常駐業者に環境方針を理解させると共に、環境教育・訓練実施して環境保護を推進する。
  6. 環境方針は契約取引先に周知し、協力を要請する。又、環境改善実施事項は外部利害関係者に対して開示する。
  7. 当グループは地域の『環境保護活動』に積極的に参画することで、地域・社会から信頼される企業をめざす。
1999年7月27日制定
2012年5月18日改訂
立山科学グループ

ページの先頭へ