科学は時に壮大なロマンチスト 立山科学グループEnglish

立山科学グループ > 環境活動 > 環境ビジョン

環境ビジョン

近年、地球では温暖化の深刻化や資源の枯渇、生態系の危機など様々な環境問題を抱えています。立山科学グループでは、地球環境との「共存共栄」と「社会生活の発展に貢献」を理念におき、持続可能な社会の実現に向けた「環境ビジョン」を策定し、環境経営を推進しています。 環境ビジョンの具現化に向け具体的な活動を明確にした行動計画のもと、これらの環境問題に対する予防と環境マネジメントシステムの継続的改善により環境負荷を減らし、地球環境の保護と持続可能な社会の実現に貢献していきます。

環境ビジョン2020 行動指針

エコプロダクツ
   環境安全性に配慮した製品、サービスを提供することで環境の負荷を低減します。
  ・環境に配慮した製品づくり 省エネルギーや省資源、化学物質を考慮した環境負荷の少ない製品の開発・サービス提供を通して、持続可能な社会の実現に貢献します。
エコプロセス&エコファクトリー
  事業・生産活動における生産性の向上でCO2の排出量と資源のムダを削減します。
  化学物質による汚染を予防します。
  ・地球温暖化防止

  ・資源の有効活用

  ・化学物質の適正管理
エネルギー消費によるCO2を削減します。

廃棄物の最終処分量を削減し、各プロセスで3Rを推進します。

化学物質の代替化推進による環境負荷の低減と化学物質の適正な管理により、大気、水、土壌の汚染を予防します。
エココミュニケーション
  コミュニケーションの充実を図り、社会貢献活動を推進します。
  ・社会貢献活動の推進

  ・生物多様性保護活動推進

  ・情報公開の充実
地域の環境保護活動に積極的に参画します。

事業活動における生態系サービスの依存度及び影響度の調査を行い、保全活動を推進します。

ステークホルダーとの対話を推進します。社内外に積極的に情報発信することで環境情報の共有化と連携を図ります。


ページの先頭へ