多分野の技術とノウハウでシステムの新しい形を創造する立山システム研究所のITソリューション

お問い合わせお問い合わせ サイトマップサイトマップ 会社情報会社情報

認識番長2が御社の業務をもっと効率よくもっと幅を広げます

認識番長2って?

認識番長2とはナンバープレートの文字を自動でデータ化するシステムです。


ナンバープレート認識までのながれ


課題!!あり?


お問い合わせはこちら 来客通知やマーケティングに





認識番長2が選ばれる3つの理由


認識番長2が選ばれる3つの理由

認識エンジン本体画面「認識番長」の高い認識精度を損なうことなく、
認識速度を大幅に改善。
自社開発の画像処理ライブラリを含め、ソフトウェアの全面的見直しを行い、認識処理速度も平均約0.6秒(※1)を実現しました。
※1 640×480ピクセル、弊社基準画像により実測


履歴閲覧検索画面 ナンバー認識結果を、テキストファイルや画像ファイルで出力するため、汎用性が高く既存のシステムや他データベースとの連動が容易で、柔軟なシステム構築が容易です。
インタフェースもNTSCビデオ信号や各種形式(JPEG、BMP等)画像ファイルを 入力し認識するのでカメラの種類に依存しない、多様なシステム構築が可能です。

ハードウェア込み 導入作業も込み
  1. ナンバーマーケティングパッケージ
  2. 顧客情報連携パッケージ
  3. Welcomeクーポンパッケージ
  4. 駐車場空き情報パッケージ
  5. セキュリティゲートシステムパッケージ
  6. 交通量調査パッケージ
上記以外にも豊富なパッケージがそろっています!

認識番長2 「お問い合わせ」 来客通知やマーケティングに


導入実績


2002年から10年の実績で、ソフト、ハード、ノウハウに強みがあり、工場、倉庫、マンション、サービス業、公共機関等など多岐に実績があります。
最終納入場所 備考
1 国立大学(福井) ゲートシステムと連動
2 N社(茨城)  
3 ガソリンスタンド関係(全国)  
4 産廃処理工場(大阪)  
5 ごみ処理場(埼玉)  
6 マンション(東京)  
7 K社工場(奈良)  
8 T社新規工場(群馬)  
9 Y社工場(富山) ゲートシステムと連動
10 T社工場(千葉) ゲートシステムと連動



お問い合わせから納品までのながれ



認識番長2 お問い合わせから納品までの流れ


システム構築例


認識番長システム構築例1 ネットワークカメラ使用
AXIS221ネットワークカメラを用いたシステム構成例です。ネットワークカメラの画像を常時取り込んで、自動的に検知し、ナンバープレート認識します。PoEによる電源供給も可能で設置配信が簡易に行えます。
認識番長システム構築例1
認識番長システム構築例2 アナログカメラ使用
本装置にはコンポジットビデオ入力が装備されており、アナログカメラを接続することができます。特に高速な撮影や高感度な撮影が必要な場合など特定のカメラを使用したい場合に適しています。カメラからのアナログ画像を取り込んで自動的に車両を検知し、ナンバープレートを認識します。
認識番長システム構築例1
認識番長システム構築例3 例3:車両センサ使用
大雨や降雪、汚れなどでナンバープレートが認識できない場合でも、車両センサを用いることで、なんらかのナンバープレートデータや車両画像などを残すことができます。車両の記録を主眼とするシステムに適しています。
画像取り込み部分を装置内部または、外部に構築し、センサのトリガーで画像ファイル化して認識装置に渡します。

認識番長システム構築例1

まだある?こんなこと・・・


こんな悩み解決します。来客通知やマーケティングにも

お客様の声



熱海ビーチライン様

  1. 導入の決め手
  2. 熱海ビーチライン お客様野声
  3. 導入の流れ
  4. 導入の効果

  5. 今後の展望

認識番長2のお問い合わせ


認識番長2お問い合わせ
*は、必須項目です。
お名前*
フリガナ
 会社名
メールアドレス*
 郵便番号
 住所
 電話番号
 お問い合わせ内容*


上記フォームより正しく送信できない場合は お電話、またはメール pal360@tateyama.or.jp にてお問合せください。

当Webサイトが確かに立山システム研究所が運用しております「www.tateyama.jp」であることは、Trusted Webシールをクリックすることによってご確認いただけます。(新しいウィンドウを開きます)
***ご確認の際は、JavaScriptを有効にして下さい。(IE6.0以上推奨)***


長々とお読みいただき、ありがとうございました。
認識番長2は、当社が自信をもってお勧めできるシステムとなっております。
ぜひ、ご活用ください。


認識番長の仕様・性能


仕様・性能
認識対象 中型番号標(普通自動車、軽自動車、小型・中型トラック等)および大型番号標(大型トラック、大型バス等)
※字光式ナンバーは非点灯時を対象とする
認識内容 地域名、分類番号、判別文字、一連指定番号、中板/大板種別、事業用/自家用種別
入力仕様 ・静止画像ファイル(BMP、JPEG、PNG、TIFF)、最大3872×2592ピクセル
・NTSCコンポジットビデオ信号、最大4入力
・TCP/IP(弊社指定ネットワークカメラ)、最大4入力
各入力ごとに最大6箇所のマスク領域を設定可能
出力仕様 ・認識結果:テキストファイル(タブ区切り)
・認識画像:静止画像ファイル(JPEG等)
・ナンバープレート切り出し画像:静止画像ファイル(JPEG等)
認識精度
(参考値)
弊社検証環境下(※)で99%以上
※屋外、アナログカメラ、昼夜認識(赤外線投光器あり)、ナンバープレート幅110ピクセル以上
認識速度
(参考値)
約0.3秒〜3.0秒、平均約0.6秒
(画像サイズ640×480ピクセル、弊社基準画像により実測)
PC仕様
CPU インテル(R) Core(TM) i7-860(2.8GHz)相当
メモリ 4GB
OS Windows Vista(R) Business、Windows 7 Professional
設置仕様
カメラ設置角度 垂直(俯角):0°〜30°
水平(左右):0°〜20°
撮影距離 カメラからナンバープレートまで5m以上
ナンバープレートの大きさ 70〜1000ピクセル(推奨110ピクセル以上)


立山システム研究所 コピーライト